バリフを服用しちゃいけない人

バリフを服用できるかどうか確認しよう

ED治療に効果のあるバリフ。

食事やアルコールの影響を受けずに、服用してものの15分ほどで効果を発揮する上に、人によっては早漏にも効いてくれるんだから助かりますよね。

多くの人にいい結果をもたらしてくれる反面、そもそもバリフを服用できない人もいます。

そんな人が誤ってバリフを服用してしまうと、命の危機に見舞われる可能性は否定できません。

バリフを購入する前に、自分がバリフを服用しても大丈夫なのか確認しておきましょう

こんな人は服用NG

服用NGな人

バリフは血管拡張を促し、血流をよくする作用があります。

なんらかの病気や服用している薬が血流を一定に保つものや、もともとが血流を促すものであれば、バリフの服用は危険なものとなってしまいます。

・バルデナフィルにアレルギー反応がある人
・併用禁忌薬を服用している人
・重い肝機能障害がある人
・心血管系障害があり、医師に性行為を禁じられている人
・6ヵ月以内に脳梗塞・脳出血や心筋梗塞をおこした人
・血液透析が必要なほどの腎障害の人

併用禁忌薬

以下の薬を服用している人は決してバリフを服用してはいけません。

・硝酸剤
降圧作用により、過度に血圧を降下させることがあるため。
・リオシグアト
症候性低血圧があらわれるおそれがあるため。
・CYP3A4を阻害する薬剤
血中濃度が高くなるおそれがあるため。
半減期が延長するおそれがあるため。
・抗不整脈の薬
血中濃度が高くなるおそれがあるため。
失神や致死性不整脈が起こるQTc延長がみられるおそれがあるため。

お医者さんに相談しよう

服用に注意が必要な人

絶対にバリフを服用してはいけない人がいれば、医師に相談してOKがもらえれば服用しても大丈夫な人もいます。

・高齢者(65歳以上)
・陰茎の欠陥
・鎌状赤血球性貧血
・多発性骨髄腫
・白血病
・出血性疾患または消化性潰瘍
・肝障害

併用注意薬

以下の薬を服用している人はバリフを服用する前に、必ず医師に確認をしましょう。

・CYP3A4を阻害する薬剤
血中濃度が高くなるおそれがあるため。
・CYP3A4を誘導する薬剤
血中濃度が低くなるおそれがあるため。
・カルペリチド
降圧作用が強くなるおそれがあるため。
・α遮断薬
症候性低血圧があらわれるおそれがあるため。

女性が服用すると?

バリフは女性が服用してもいいのか

男性の性器を勃起させ、プライドを回復させてくれるバリフ。

そんなバリフを女性が服用したらどうなるのか気になりますよね。

結果からいうと、なにもおこりません

感度がよくなるんじゃないか、濡れやすくなるんじゃないかと思うかもしれませんが、そういった効果はバリフからは得ることができません。

たとえバリフを服用して感度がよくなったり濡れやすくなったとしても、それは思い込みからくるプラシーボ効果です。

バリフは男性が服用することが前提で開発された薬であり、性器周辺にある血管を拡張する作用があります。

しかし、薬に反応する血管を女性は持ち合わせていません。

なので、女性には効果がないのです。

場合によっては、体調を崩してしまう可能性もあるので、女性は服用しないようにしましょう。

感度をよくしたり、濡れやすくしたい場合は、女性用のED治療薬を服用するようにしましょう。