バリフ通販をするなら知っておこう!

バリフ通販について知っておこう

「バリフは海外通販からしか購入できないのか。よし、じゃさっそくバリフを買うぞ!」
そう意気込んでスマホを握るのは少し早いですよ。

バリフを海外通販から購入するなら、知っておかなければならないことがあります。

これらを知っておくことで購入後におこりえる問題を事前に防ぐことができるからです。

なんの問題にもあわずに、快適にバリフ通販を行うために、事前に知っておくべきことを見ていきましょう。

通販のメリット

通販のメリット

簡単にバリフが手に入る通信販売。

そんな通販をオススメするのにはワケがあります。

病院でED治療薬を処方してもらうよりもさまざまなメリットが存在します。

▲時間と場所を選らばない▲
病院で処方してもらう場合、病院の診察時間にあわせて時間を作り、長い待ち時間を経て診察してもらい、薬を処方してもらいます。
これでは時間も場所も限られてしまいますよね。
しかし、通販ではネット環境さえ整っていればスマホやパソコンだけで、いつでもどこでも薬を購入することができるんです。
わざわざ仕事や趣味の時間を削ってまで病院に行かずとも、薬が手に入るんです!
▲プライバシーが守られる▲
ED治療薬がもらえるのはほとんどが泌尿器科です。
正直知り合いにばれないかとひやひやしますよね。
しかし、通販ならスマホやパソコンの中だけで購入をすませることができます
スマホやパソコンの履歴などを見られるなど、よっぽどのことがない限りは周囲の人にばれることはありません。
▲国内未承認の薬が買える▲
バリフは日本国内では未承認の薬です。
国内未承認の薬は法律上、販売・購入ができません。
しかし、海外からの個人輸入からなら自分が使うぶんだけは購入可能なのです。
だから海外通販からの購入はOK!
▲処方せんが不要▲
処方せん薬(医療用医薬品)は処方せんなしでは購入することができません。
しかし、これは日本国内での決まり。
海外通販はすべて自己責任のもとおこなわれるので、日本国内の決まりはあてはまらず、処方せんなしで買うことができます
▲薬代が安い▲
日本国内で処方や販売される薬は安全性の確認などで多くの費用がかかります。
その費用は薬の値段にプラスされて販売されるので高額になってしまいます。
しかし、海外の薬は日本に比べて費用が少ないので、日本で薬を購入する時よりも安く買うことができるんです。
また、通販では人件費や維持費が病院や薬局よりかからないため、その分薬を安く買えます。
▲薬の評価を見ることができる▲
通販には必ずといっていいほど、口コミ・レビューがあります。
これらは実際にそのサイトからその商品を購入した人たちの声。
不安や疑問に思っていたことを解消してくれ、言われてみてたしかにそれも知っておいた方がいいなということを知ることができます。

デメリット

通販のデメリット

たくさんのメリットがある通販。
その反面、デメリットも存在してしまいます。

きちんと確認をし、防げることは防ぎ、受け入れるところは受け入れましょう。

▼すべて自己責任▼
通販から購入するときは自分の判断で買うため、なにがあっても自己責任となってしまいます。
届いた薬が違かったり、重篤な副作用がおきたり、業者との間でトラブルがおきても、それらはすべて自己責任となってしまいます。
事前に副作用や服用の方法など薬について勉強したうえで、信頼できる通販サイトから購入するようにしましょう。
▼到着に時間がかかる▼
海外通販の場合、購入から到着まで1~2週間ほどかかります。
海外からの発送のため、天候や運送状況などが読めず、確実な到着の日時はわかりません。
これくらいの時間がかかることを前提に、予定より早めに買うようにしましょう。
▼偽物のリスクがある▼
実物を目にしていないため、実際に届いて使用するまでは偽物のリスクがついて回ります。
できるだけ偽物の可能性を低くするために、信頼できるサイトから購入しましょう。

個人輸入のルール

個人輸入のルール

個人輸入は守らなければならないルールがいくつか存在しています。

これらを破ってしまうと、罪に問われてしまう可能性も。

日本国内の秩序を守ると同時に、あなた自身を守るルールでもあるんです。

海外通販を利用して個人輸入をはじめる前に、ルールを確認しておきましょう。

◆自己が“自分の使用のためだけ”に輸入◆
医薬品の個人輸入は自分が自分のためだけに購入するときだけ可能です。

・商売目的で輸入
・誰かの代わりに輸入
・誰かと一緒に輸入

これらはすべてNGなことです。
輸入した商品は自分だけで使用しましょう。

◆購入できる量を守る◆
医薬品は購入できる量が法律で決まっています。

*外用剤・・・・・・・・・・・・・・1品目24個以内
*毒薬、劇薬または処方せん薬・・・・1カ月分以内
*上記以外の医薬品、医薬部外品・・・2ヵ月分以内
◆法律に違反する薬物は輸入しない◆
購入できるからといって、日本国内で禁止の薬物を輸入することはNGです。

*麻薬や向精神薬
*覚せい剤や覚せい剤原料
*大麻
*脱法ドラッグ
*その他(ワシントン条約にもとづく医薬品や医薬品原料、関税法の規定により知的財産侵害物品にあたるもの)